セロトニン増やす方法

セロトニンを増やす方法〜薬以外の方法はあるの?

<セロトニン増やす方法・概要>

セロトニンを増やす方法は意外と簡単です。そもそもセロトニンは、近年急激に注目されるようになった脳内3大神経伝達物質の1つになります。ノルアドレナリンやドーパミンが他の2つです。感情をコントロールするためにとても大切な成分となります。セロトニンの分泌つなしっかりと起きていないと、睡眠や感情コントロールに問題を招くことになります。セロトニンの増やす方法として1番有名なのは、太陽にある一定の時間あたるということです。長時間当たる必要はありません、30分から1時間の間くらい、太陽に当たることができればセロトニンを増やす方法は十分であるとされています。ですが近年はこのわずかな太陽に当たる時間でさえなかなか確保できない仕事や、環境にある人が増えているということです。その他ストレスなどによってもセロトニンは減少してしまうとされています。セロトニンが不足してしまうと多くの問題が生じることになります。そもそもセロトニンの神経が弱ってしまうことによってセロトニン分泌が少なくなるということになります。精神的に不安定になってしまったり、ちょっとした物事、音、出来事に過剰に反応するようになってしまいます。気分調整障害をはじめ、気分の浮き沈みが激しくなり、うつ病の傾向が出てきます。その1番初めの症状として睡眠の質が悪くなると言うことが挙げられます。これに伴い見た目も変わってしまい、自律神経のバランスを崩すことも少なくありません。これは重度の冷え性になってしまったり、それが原因で睡眠がうまくいかなくなってしまったり、睡眠がうまくいかないがために落ち込む想像を長時間してしまったりと、悪循環にはまりこんでしまうことがとても多いとされています。ここでセロトニンを増やす方法として挙げられるのが、抗不安薬等を服用すると言うことになります。具体的に挙げると、デパス、セルシン、ワイパックス、SSRIなど、様々な種類の抗不安薬が存在します。これらの薬は睡眠薬としても重宝されることがあります。睡眠薬で有名なものといえばマイスリー、ハルシオン等になりますが、睡眠を引き起こしている原因に合わせて様々な薬が併用されます。日常的にセロトニンを増やす方法として簡単なのは太陽に当たることなのですが、極度のストレスや、様々な精神的な問題にさらされたとき、太陽に当たるだけではセロトニンを増やす方法としては間に合わなくなることがあります。セロトニンと、睡眠ホルモンでもあるメラトニンは2つで1つを成しています。セロトニンがきちんと分泌されることがないと、メラトニンも減少してゆくということになります。それゆえに睡眠の質を改善するために薬を使ってセロトニンを増やす方法を考えるのは自然な流れともなります。
具体的にセロトニンが減少してしまう原因としては、トリプトファンなどのセロトニンの材料となる成分が減っていることがあげられます。その他ビタミンb6、インスリンなども減少していると考えられます。また、疲労が溜まっていると、疲労物質の乳酸が蓄積されてきます、乳酸はセロトニン神経のセロトニントランスポーターという部分を刺激します。この部分が活発化してしまうと、必要以上にセロトニンを取り込んでしまうので、必要なセロトニンが足りなくなってしまうのです。前半部分にも書きましたがストレスが溜まっている事でも大脳視床下部、大脳皮質などへの悪影響が起こり、セロトニンを増やす神経の活動にストップをかけてしまうとされています。ストレスが溜まっている状態では、セロトニンを増やす方法を色々と試してみても、結局のところセロトニンがどんどん減少していってしまう形が形成されているため、なかなか効果を実感することができないとされています。セロトニンを増やす方法を試す場合には、まず根本的なストレスの原因も発見し、改善に努めることが重要です。現代人がセロトニンを減少させてしまう大きな形は、日常生活が忙しすぎるという点がとても大きいかと思います。仕事関係に加え、育児、学校、人間関係において精神が休まる時間が少ないということが大きな原因となっています。自分ではゆっくりしているように感じていても、意外なほど心が休まっていないことが多いとされています。セロトニンを増やす方法を考える前に根本的なストレスの原因を察知することが先決です。薬を使ってセロトニンを増やす方法を試すのも良いかもしれませんが、太陽に当たること、また軽い運動をするということもとても重要です。なかなか治らない皮膚の疾患や、精神的な落ち込みが、ちょっとした散歩を始めるだけでも改善してしまったケースはとても多いとされています。朝の通勤時や、お昼休み、など少しの時間だけでも良いので太陽に浴びながら歩く習慣をつけてみてはいかがでしょうか。それでも改善が見込めない場合に、薬を寄っても良いかもしれません。セロトニンを増やす方法といっても、薬には必ず副作用がありますので、その点を視野に入れてうまく利用していきたいですね